おまとめに有利なのはどちらか?消費者金融それとも銀行?

キャッシングを続けていると、複数の業者から借りてしまったという人もいます。複数のキャッシング業者から借入れをしていると、毎月の返済に追われ、仕事も手につかなくなるという事になってしまいます。

 

そういった悩みを解決するための方法として、おまとめローンに借り換えるという方法が有ります。

 

おまとめローンは消費者金融と銀行、どちらを利用した方がお得なのか、おまとめを申込む前に比較してみる必要が有ります。

 

大手消費者金融のおまとめローン

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは、総量規制の例外にあたるので、年収の1/3を超える融資も、審査で返済が出来ると判断すれば貸付をしても良いという事になっています。消費者金融のおまとめは、銀行のカードローンに比べて、金利が少し高くなりますが、一般的に審査時間が短く、審査が厳しくないのが特徴です。

 

大手消費者金融の「プロミス」はおまとめローンとしての商品はありませんが、店舗窓口や自動契約機から申し身が出来ます。おまとめに利用する時の金利や融資限度額は一般ローンと同じ、年利4.5%~17.8%、融資限度額は500万円までとなっています。

 

「アイフル」には「借り換えMAX」年利12,0%~17,5%、融資限度額300万円までで、初めてアイフルを利用する方専用の借り換えローンが有ります。また、アイフルの利用中の方は金利12.0%~15.0%、融資限度額は300万円の「おまとめMAX」が利用できます、

 

「アコム」は借換え専用ローンがあり、年チ7.7%~18.0%、融資限度額300万円まで、借り換え専なので追加融資は出来ません。申込方法は店頭的口または自動契約機になります。

 

銀行カードローンでまとめる

銀行カードローンはおまとめとしての商品は少なく、唯一東京スター銀行の「スターワンバンクローン」が有ります。年利5.8%~14.8%、融資限度額は1000万円までとなっていますが、融資条件が年収200万円未満の人となっており、パートやアルバイトの人は申込が出来ません。

 

銀行カードローンにおまとめローンがないのは、一般ローンでも金利が低く、融資限度額も高く、利用目的は自由なので、おまとめとして十分利用できます。とくにおまとめや借り換えを推奨している銀行カードローンは、おすすめです。