おまとめか債務整理か?

借金の整理に、おまとめローンと債務整理が有ります。

 

おまとめローンを考えている時、あらかじめ知っておくべき事のひとつに債務整理(以下、過払い金返還請求)があります。特に2010年6月18日に利息制限法が改正される前に、消費者金融などから借入れをしていた人は、過払い金返還請求で借金が減らせる可能性があります。

 

過払い金請求とは

利息制限法の改正前は、出資法で貸出しが行われ、その上限利率は29.2%でした。改正後に出資法が20%に引き下げられると同時に、利息制限法により、貸付けが10万円未満は利率20%、10~100万円未満は利率18%、100万円以上は利率15%と定められ、出資法との差額(いわゆるグレーゾーン)は行政処分の対象となりました。

 

また、借入者が任意に支払った返済を「みなし弁済」と言いますが、最高裁判所で2006年1月「みなし弁済」の無効が言い渡されたため、過払い金の返還請求が一気に増加し、利用者は、払い過ぎたお金が返ってきたり、返済金の一部に充当したり、という事が行われるようになりました。

 

おまとめローンと債務整理、どちらを選ぶ?

借金を軽くするために、過払い金返還請求が出来ない人は、おまとめローンを利用する方法しか残っていませんが、過払い金返還請求が出来る方は現在の残債と比較して、どちらが得かを選ぶ必要が有ります。

 

過払い金返還請求は確かに有利なのですが、相談できる弁護士や司法書士がいるのか、時間がかかる事も自覚しているのかなど、思っているほど簡単に進まないのも現状です。しかし、利息制限法が改正される前に、消費者金融から多額の借り入れがあった方は、返還される金額も多いでしょうから、信頼できる弁護士や司法書士に相談してみましょう。

 

また、おまとめローンはどこでもよいというものではなく、闇金や反社会的勢力も関係している場合が有るので、いくら条件が良くても、知らないところへ申込むのは危険です。おまとめローンの申込先は、大手消費者金融や銀行カードローンのような名前のよく知られたところへ申込む事をおすすめします。

 

債務整理のメリットは、お金が戻る可能性もありますが、デメリットとしては時間がかかり、借入額が小さいと費用倒れになるという可能性があります。自分の現在の状況をしっかりと把握して、どちらにするかを決めましょう。