まとめる前にやっておくことは?

おまとめローンは今抱えている複数社からの借入を一本化して、新たな返済計画を立てられます。

 

おまとめローンを組むとなると金利や限度額が気になりがちですが、何よりも大事なのは審査に通るかどうかで、そもそも審査にパスしなければどうにもなりません。申込をする前に現状を正確に把握した上で、申込む事が重要です。

 

現在の借入状況を把握する

借金返済のコツというより「借金返済で最も大事なこと」は、現在の借金の把握をしておく必要が有るのですが、案外それができていない人が多いのが現状です。

 

借入先が、1社であれば把握はそう難しくはありませんが、2社以上であったり、返済期間中に新たな借入れをしたりしていると、借金の状況を正確に把握するのがむずかしくなってきます。

 

ですから、おまとめを検討する時は、「借入金額」「残債は幾らか」「毎月の返済額」「金利はいくらで借りているか」「返済期日と返済方法」と言うような事を紙に書き出したり、パソコンで表にしたりして借入先ごとに確認しておきましょう。また、クレジットカードのキャッシングを返済中の人は、それも含めます。

 

つぎに、収入がいくらあって、生活費でどれくらいの支払いが有るのかを把握する事も重要です。毎月の家計を書き出して把握すれば、おまとめで借り借るにしてもどの程度なら借金の返済にあてられるかが分かります。

 

借入件数を減らす

借入先が4件以上ある人は、銀行カードローンの審査でまず通らないので、借入先を3件以下にするところからはじめます。借入先の、金利が高い借入先や、今後金利が下がる見込みがない借入先を優先的に減らす事がポイントです。ただし、すぐに完済できそうな程度の借入が残っているところが有れば、低金利であってもまずはそこを完済して借入件数を減らしましょう。

 

もうひとつの方法は、すでに借りている借入先のどこかでプチおまとめをして「一部をまとめる」という方法があります。そのお金を高金利で借りているところを返済して借入件数を減らすわけです。

 

プチおまとめは、借入残高が多く残っている金利の低いところを選び、サポートセンターへ連絡を入れて「借入件数を減らしたい」と申し出ると、それに応じてくれる場合が有ります。いずれにしても、借入件数を減らす事が最も重要になるので、これらの方法を使って、借入件数を減らす事から始めましょう。