おまとめローンのメリット・デメリットはココ

キャッシングを長く続けていると、なかには多重債務になってしまい、借りたお金の返済だけしか考えられない毎日を送っている方もおられます。

 

そういったときにおすすめなのが「おまとめローン」で、消費者金融や銀行カードローンなど多くの金融機関が「おまとめローン」を扱っています。

 

おまとめは、複数社の借入れをひとつにまとめられるなど、多くのメリットが有ります。ただし、メリットばかりではなくデメリットもあるので、おまとめを申込む時は、デメリットも知っておく必要があります。

 

おまとめには多くのメリットがある

複数社から借入をしている場合、それぞれに返済日がちがうため、毎月の返済日が気になり、仕事が手につかないということがあります。借入先をひとつにまとめられれば、返済日は1日になり、お金の管理などのわずらわしさから解放されます。

 

複数社からの借入は、上限金利で借入をしていると思いますが、 一本化で借入れ金額がひとつにまとまれば金利が下がる場合があります。また、一本化することで、新しい返済計画が立てられるようになり、毎月返済が無理のない返済ができるようになるといったメリットがあります。

 

まとめることで発生するデメリットとは

まず、新しい返済計画で毎月の返済を少なくできる」ということはメリットですが、反対にデメリットにもなります。これまでの苦しかった毎月の返済を、もう少し楽な返済にしたいと考える事もありますが、毎月返済を少なくするということは返済期間が長くなり、金利を含めた総返済額がまとめる前より多くなる場合があります。

 

ひとつにまとめることによって、これまで借りていたところは完済になります。完済すれば上客として扱われるようになり、完済した会社から「いままでより金利を安くします」とか「増額しませんか}」といった案内が届くことがあります。ひとつにまとめたことで余裕ができたのを、借金が減ったと勘違いしてしまい、再度借入をしてしまう危険性があります。

 

また、まとめてしまうと、金利の引き直しができなくなるので、過払い請求ができなくなるという事も知っておく必要が有ります。おまとめでまとめるか、任意整理で借金を減らすかを考える時は、慎重に選ぶ必要があります。