おまとめ審査で重要視されるのはなにか?

「おまとめローン」で借入を一本化できれば、これまで煩わしかった返済日や、お金の管理で悩む事もなくなり、新たな返済計画で環境に合わせた返済が続けられます。

 

「おまとめローン」も審査が有りますが、審査に通るために、気を付けなければならない事があります。

 

審査で重要視される事

おまとめローンを申込むと、金融機関の担当者は審査の過程で、必ず信用情報機関の個人情報を照会します。

 

申込者の個人情報には、過去にカードローンなどの融資を受けていれば、その履歴が残っています。氏名、住所、生年月日、自宅、連絡先など、他のキャッシング会社に申込んだ記録として借入れしている一社ごとの限度額や、借入残高、最終入金日、次回予定日のほかに事故情報などが記載されています。

 

記載内容で、過去に借金の延滞や滞納をしていれば、即刻アウトです。延滞金を払い終えた場合でも、延滞情報が記載されていると、その手続をとってから1年間はどの金融機関でも借入れはできません。

 

また、短い期間にいくつものカード会社に申込みをした「申込みブラック」という状態で、この状態でも約半年間は審査に通るのは厳しくなります。

 

最も重要なのは他社借入件数

延滞を起こした事もなく申込みブラックでもない時、次に審査で重要視されるのが借入件数です。

 

借金総額も重要視される項目ですが、審査で最初に見るのが、「借入件数」、続いて「借入総額」になります。

 

担当者から見れば、借入総額が少しくらい多くても、件数の少ない方が圧倒的に信用度は高く、借りたお金を返してくれる返済能力も高いと判断します。そのため、おまとめローンの申込み前はなるべく、借入件数を減らした方が有利になります。

 

借入れ件数を減らすには

「おまとめローン」を申込む時は、その他の借入件数を3件以内にするのが理想です。借入件数を減らす方法として、すでに借入れのある会社の中で、いちばん返済実績のある会社から限度額の増額をしてもらうという方法があります。

 

増額申請をする時に一言「他社の借入を完済したいから」と言ってみるのもポイントになります。増額してもらえれば、他社の借入を完済する事で借入件数を減らすことが出来ます。